済生会 川内病院
ホームに戻ります。
放射線部
協力部門
薬剤部



   様々な病気やケガの場合、診断や治療のためにまず撮影をされるのがこの一般エックス
  線撮影です。胸や腹あるいは骨など身体全般の撮影を行います。エックス線検査の中で
  最も基本的な検査です。エックス線を身体にあてて、通り抜けたエックス線の情報をコンピ
  ューターでデジタル処理することによって画像ができあがります。
エックス線撮影装置 エックス線撮影装置
エックス線撮影装置




   専用の装置を使用してエックス線撮影します。
 この撮影は触診や超音波などの他の検査に比べ、小さな異常をよく発見できる検査です。
 撮影時には乳腺の重なりを少なくし情報量の多い良い写真を撮るために乳房をできるだけ
 平らに押さえて撮影します。このことは撮影時のエックス線被ばくの低減にも役だっています。
乳房撮影装置



   骨の成分(カルシウムなど)の量を測定することによって、骨粗しょう症の診断・治療
  などに用います。検査は腕で測定し、数分で終わります。
塩骨定量検査装置



   身体にエックス線を連続してあてて、目的とする身体の臓器・器官や内々に挿入している
  ファイバースコープなどの医療器具の状態などをあたかもご家庭のテレビのように、動きを観な
  がらエックス線写真を撮影したり、その他の検査や治療をします。
エックス線テレビ撮影装置



   装置にある大きな穴の中を患者様の乗った寝台が通過するとき、連続してエックス線を
 身体にあて、収集したデータをコンピュータで処理し画像にします。目的とする臓器・器官を
 含め、身体の輪切りの写真やその他の断面写真が得られます。またより詳しく検査をする
 ために造影剤という薬を静脈注射することもあります。検査時間は15〜30分です。
CT検査装置



   磁石と電波を使って身体の内部の状態を画像化します。身体のどの部分でも任意の
 断面の写真が撮れます。またこの検査はエックス線を使わないので放射線による被ばくは
 なく、造影剤を使用しなくても血管や胆管などの検査も可能です。ただし鉄などの金属の
 ある場合には検査はできません。

MRI検査装置



   血管内に細かいチューブ(カテーテル)を挿入し、そこから造影剤や他の薬剤を注入
 することによって、目的の部位の画像を撮影し、病気の診断や治療をします。また体外か
 らのカテーテル操作により、患者さんへの身体的な負担が少なく、しかも効果的な検査・
 治療が期待
できます。部位が心臓の場合には、心臓専用の血管造影装置を使用いた
 します。

血管造影装置 血管造影装置




   ごく微量の放射線を出す物質(ラジオアイソトープ:RI)を含んだ薬剤を身体に投与
 (注射または飲用等)して検査をおこないます。投与された薬剤は特定の臓器や組織
  などに取り込まれて、そこから放射線を出します。この放射線を専用の装置(ガンマカメラ)
  で捕らえて画像をつくります。この画像から臓器の形状や働きがわかり、病気の有無や状
  態を調べます。

RI検査装置



   エネルギーの高い放射線を使った治療は、病気のある部分の治癒・縮小、再発の予防
 痛みの緩和などを目的としています。手術とは違い、患者様への肉体的負担が少なく、し
 かも機能・形態の温存を可能にし、生活の質の向上につながる治療法です。治療期間は
 約2週間〜2ヶ月(病気の種類等により異なる)かかり、入院することが多いですが、全
 身的な副作用が少ないことから、通院での治療も可能な場合もあります。
放射線治療装置

| ホーム | 病院概要 | 外来診察 | 入院案内 | 看護部門 | 病棟案内 | 協力部門 | 人間ドッグ | フロアー案内
| 交通アクセス | 新着情報| 当番医療 | 求人案内 | リンク | お問い合わせ
〒895-0074 鹿児島県薩摩川内市原田町2番46号 TEL:0996-23-5221 MAIL:info@saiseikai-sendai.jp
シャカイフクシホウジン オンシザイダン サイセイカイセンダイビョウイン
社会福祉法人 恩賜財団 済生会 川内病院