済生会 川内病院
ホームに戻ります。
診療部門
協力部門
外科
 





  私たち検査部では『正確なデータと迅速な対応』を目標として掲げ、医師1名、臨床検査
技師9名(非常勤1名含)にて、一般検査、生化学検査、血液検査、血清検査、輸血検
査、細菌検査、生理機能検査を実施しています。業務においてはシステム化が進み、検体検
査システム、輸血検査システム、細菌検査システム、生理機能検査システムとそれぞれの分野
で効率的な運用が行われており、検査精度の向上と迅速な結果報告の可能な環境が整備さ
れ、患者様の待ち時間短縮にも反映しています。また、24時間の緊急対応検査体制を取って
おり、当直や日直にも携わっています。



  1)検体検査

   生化学検査室では、患者様の血液・尿などを検査材料として肝機能検査・腎機能検査
 脂質検査・糖尿病関連検査・腫瘍マーカー検査・感染症検査・甲状腺機能検査・凝固機
 能検査・血液検査などを測定しています。また、検体到着から1時間以内で検査結果を報告
 するように、「正確なデーター・迅速な対応」を目標に業務を行っています。
   各種分析装置のメンテナンスを実施し、正確で精度の高い検査報告が行えるよう努めてお
 り各精度管理事業に参加し良好な評価を得ています。


  2)輸血検査

  輸血検査とは、貧血や出血・手術等で、輸血が必要と判断された時に実施する検査です。
血液型検査・不規則性抗体検査・使用する血液製剤との交差適合試験を行い、受血者と
適合するか否かを判定し、血液製剤を提供します。
出血がある程度予測できる手術で、術前に患者様自身の血液を採取し、術中・術後に輸血
する自己血貯血も行っています。
電子カルテと連動した輸血システムにて、輸血検査及び血液製剤の一元管理を行い、また、
輸血療法委員会の開催や、輸血研修会を実施し、厚労省のガイドラインに準じた、適切かつ
安全な輸血実施に努めています。






   一般検査室では、尿検査・便検査・脳脊髄液検査・穿刺液検査を実施しています。
全自動尿分析装置と全自動尿中有形成分分析装置を導入し、迅速(約7分)に結
果報告でき、待ち時間短縮のサービスに繋がっています。






  
生理検査は、患者様にセンサーを取り付けて、センサーから得た情報を数値化・画像化
 した結果を診断に役立たせる検査です。
 当院検査室では、標準心電図検査、負荷心電図検査(マスター2階段負荷試験)、24
 時間ホルター心電図検査、R-R間隔検査(自律神経検査)、血圧脈波検査、24時間血
 圧検査、肺機能検査(肺活量・努力性肺活量検査)、聴力検査、心臓カテーテル検査、
 脳波検査を実施しています。 


   24時間ホルター心電図検査、24時間血圧検査、脳波検査は予約制で実施していま
 すが、緊急時は各臨床医の必要に応じられるようにしています。生理検査は患者様の体を
 
直接検査しますので、業務マニュアルや機器管理マニュアル等を作成し、安全で慎重かつ
 丁寧な対応を心がけ、医療安全に努めています。




   細菌検査室では、一般細菌検査や抗酸菌検査を実施しています。
一般細菌検査は、検査材料をスライドグラスに塗り、染色し、顕微鏡で観察する塗抹検査や、
検査材料を培地に塗り菌を増やし、色々な性質を検査し、菌を同定する培養同定試験を行
います。検出した菌にどの薬剤が効くのかを調べる薬剤感受性試験も行っています。
抗酸菌検査は、結核菌などの抗酸菌の塗抹検査と培養検査を実施しています。
その他に、院内感染防止委員会に参加し、院内の感染防止が円滑に機能し、抗生剤の適正
使用と効果的な治療につながるよう、日々業務に取り組んでいます。


以上のように検査部では、『正確なデータと迅速な対応』を目標に院内医療チームの一員として
臨床支援・患者サービスの拡大に努め、院内勉強会や各学会研修会へも積極的に参加し、日
夜、業務や技術の研鑽に励んでいます。


| ホーム | 病院概要 | 外来診察 | 入院案内 | 看護部門 | 病棟案内 | 協力部門 | 人間ドッグ | フロアー案内
| 交通アクセス | 新着情報| 当番医療 | 求人案内 | リンク | お問い合わせ
〒895-0074 鹿児島県薩摩川内市原田町2番46号 TEL:0996-23-5221 MAIL:info@saiseikai-sendai.jp
シャカイフクシホウジン オンシザイダン サイセイカイセンダイビョウイン
社会福祉法人 恩賜財団 済生会 川内病院